arrow-up icon

事例

AIを用いた乳房超音波検査リアルタイム解析システム

慶應義塾大学医学部外科学(一般・消化器)教室様

graphical divider

概要

  • Checkmark icon
    超音波検査装置が描出する動画をリアルタイム処理できる高速なAIを開発
  • Checkmark icon
    検査しながらAIによる診断補助が実現できる
  • Checkmark icon
    見落としを減らし、早期の乳がんの発見と治療が可能になる

プレスリリース 慶應義塾大学医学部と共同研究で、日本初のAIを用いた乳房超音波検査リアルタイム解析システムを学会で発表

Image
高確率で良性腫瘍
Image
高確率でがん

背景

MRIなどの読影診断では、画像認識AIを使った診断補助の導入が成果を出している。超音波検査のような診断でもAIによる診断補助ができれば、乳がんの早期発見と治療がしやすくなる期待がある。

課題

超音波検査では映像を見ながら診断するため、診断補助に使うAIは動画をリアルタイムに処理する計算性能が必要になる。

ソリューション

抽出する画像・動画をリアルタイム処理する膨大な演算を、GPU並列化を用いたシステムにより高速化し、求められる処理性能を実現した。

高速ソフトウェア開発のご相談・お見積り
お問い合わせ