arrow-up icon

組込み高速化

deco-blob-3 decoration

概要

組込み機器製品の計算処理実装をお手伝いしています。画像処理や画像認識技術を使った物体認識等の機能の開発など、ハードウェア選定を含めたシステム設計・実装ができます。事前検証や要件定義などの上流工程から、組込みデバイスへ最適化したシステムの開発・実装・テストといった下流工程まで、トータルにご支援できます。

お客様の課題

Avatar

組込みシステムの目標性能が達成できない

Avatar

実行するハードウェア環境の変化に適応しやすい設計に変更したい

Avatar

安価なハードウェアでも処理速度を維持、製品にかかるコストを下げたい

ご支援内容

  1. 最適化方針のご提案
    お客様のご要望や課題を伺いながら、ボトルネック調査、最適化に向けた検討を行います。並列処理の効率性などハードウェアとソフトウェア両方の知見で、最適化の方針を立案します。
  2. システム設計コンサルティング
    ハードウェア選定を含めた組込みシステムの設計において、プログラムがハードウェア性能を十分に活かし、全体最適となるシステム設計をご提案します。
  3. アルゴリズムの改善と移植
    既存アルゴリズムを改善して計算を高速化します。ターゲットデバイス向けの最適化だけでは目標性能が達成できない場合、全体構成から見直してから移植することもあります。
  4. 組込みアルゴリズム開発
    最新の論文の成果を取り入れる検討も視野に入れて、ターゲットデバイス向けに最適化されたアルゴリズムを実装します。
ターゲットハードウェアの例
  • Checkmark icon
    ARM
  • Checkmark icon
    TOSHIBA Visconti
  • Checkmark icon
    Renesas R-Car
  • Checkmark icon
    NXP S32 Automotive Platform
  • Checkmark icon
    CEVA-XM6
  • Checkmark icon
    Texas Instruments C6000
  • Checkmark icon
    Cadence Vision DSP Family など
組込み高速化のご相談・お見積り
お問い合わせ