email
translate menu

Speed up your FPGA

フィックスターズのFPGA高速化サービス

ソフトウェアとFPGAの高速化により、お客様システムの最適化を実現

ソフトウェアの高速化を提供してきたフィックスターズなら、FPGAに限定された部分最適を目指すのではなく、ディープラーニングや画像処理のエンジニアと共に、お客様のシステム全体にとって最適なプランを提示することが可能です。
経験豊富なエンジニアがアイディアからヒアリングさせていただきシステム仕様設計を支援します。
システムレベルでの設計・実装・検証から、FPGAの設計・実装・検証まで、ソフトウェアとFPGA両方の知見をもつエンジニア集団がチームとなり、ワンストップサービスで提供します。

01

システム仕様設計

・要件のヒアリング
・性能分析、調査
・システムの仕様設計

システム仕様設計

02

ソフトウェア開発

・基本設計
・詳細設計
・実装、テスト

ソフトウェア開発

FPGA開発

・仕様検討
・RTL設計
・シミュレーション
・論理合成/配置配線
・実機検証

FPGA開発

03

システム検証

・結合テスト
・システムテスト
 

システム検証

フィックスターズが提供するFPGA開発サービスの価値

  1. 高速・高性能なシステムを実現
    お客様の上位レイヤーの要求仕様から、FPGAを構成するキー要素・キー制約 (用途に応じた演算コア、DDR インターフェース、オンチップインターコネクト、リアルタイム性能等) にブレークダウンして、最適なハードウェア構築を提案します。
  2. 高密度な実装により FPGAを限界まで使い切る
    高速用途の数々の設計実績を基に FPGA のデバイス性能を限界まで引き出すRTLレベルのチューニングを行います。FPGAのリソースを使い切るように論理設計から配置・配線までを最適化して、より安価な FPGAへの実装を可能にし、結果として TCO (Total Cost of Ownership) 削減に貢献します。
  3. 短期間でのFPGA開発をサポート
    FPGA開発における大きな課題は、ソフトウェア開発と比較したときにTAT (Turn Around Time) が長くなりがちなことです。
    フィックスターズにはRTL設計のエキスパートだけでなく、高位合成 (High Level Synthesis) やコンパイラ技術に詳しいエンジニアがいるため、様々な知見を持ち寄ることでFPGA開発の期間短縮を可能にします。
  4. イノベーション実現に向けた先端技術の適用
    深層学習アルゴリズムや、画像処理、画像認識アルゴリズムなどをFPGA上に効率良く実装するために、日々進化する最新技術を活用しています。

主なサービスのリスト

code

FPGA最適化

既存のRTLをターゲットハードウェア向けに最適化し、処理性能・消費電力・リソース使用率を改善します。お客様のご要望 (要求仕様) に沿って、ソフトウェア処理をFPGAにオフロードするよう新たにRTLを開発することも可能です。

create

FPGA性能評価

計算負荷の高い処理をFPGAやGPUといったアクセラレータにオフロードすることでどの程度の性能改善が図れるかを調査します。問題点の洗い出しや今後の改善案についてもご報告します。

whatshot

先行開発支援

ザイリンクスFPGAやインテル® FPGA(アルテラFPGA)といったFPGAの機能実装や性能評価、想定するシステム構成での性能見積等やFPGA開発を支援します。

all_inclusive

実装・高速化

この他にも、研究開発から製品開発まで幅広いフェーズで、お客様にFPGAの高速化実装技術に関する技術コンサルティングや技術支援を行っています。

これまでの取り組み事例

...

ワイジェイFXのFPGAを利用した超高速取引システムの研究開発をサポート

マルチコアCPU/GPU/FPGAを用いた高速化技術のグローバルリーダーである株式会社フィックスターズは、ワイジェイFX株式会社のFPGAを利用した超高速取引システムの研究開発プロジェクトにソフトウェア・ハードウェア開発サービスを提供しました。

対象分野

様々な産業分野でお客様の製品の価値を高めるFPGAを用いた高速化ソリューションを提供しています。

ヘルスケア

詳しく見る

産業機器

詳しく見る

ハードウェア

Xilinx社とIntel社のFPGAカードを取り扱っています。
アプリケーションや開発方法に応じて最適なハードウェアをご提案いたします。

FPGAアクセラレータソリューション

ザイリンクス社のALVEOアクセラレータカードに代表されるFPGAを用いたアクセラレータを用いると、変化しつづけるアクセラレーションの要件とアルゴリズム標準にタイムリーかつ柔軟に適応可能で、しかも、CPUでのワークロード処理に比べ最大90倍のパフォーマンス向上を実現します。

FPGA Accelerator カードを見る arrow_right_alt

OpenCLソリューション

OpenCL対応FPGAカードは、OpenCL(Open Compute Language)を用いてデザインすることが可能なアクセラレータカードです。
ザイリンクスのAlveoカードは、SDAccel™を利用し、インテルのFPGAカードでは、インテル® FPGA SDK for OpenCL™ を利用することで、C 言語を扱うソフトウェア開発者にも容易にFPGAを用いたシステム開発ができます。

OpenCL FPGA カードを見る arrow_right_alt

まずはお話から始めましょう。
お気軽にお問い合わせください

Tech Blog

Ultra96 LinuxでMIPIカメラから画像を取得する(セットアップ編)

by takashi.osawa | 2019年1月22日

最初に こんにちは、フィックスターズ新規事業推進室の大澤です。 新規事業推進室では、Halideと呼ばれるドメイン固有言語のコンパイラに関する研究開発を行っています。FPGA 向けのバックエンドを独自に開発しており、H...

Ultra96 LinuxでMIPIカメラから画像を取得する(解説編)

by takashi.osawa | 2019年1月22日

前回の続きから こんにちは、フィックスターズ新規事業推進室の大澤です。 前回の記事では、Ultra96 ボード上でカメラ画像を取得する環境の構築方法と簡単なテストの動かし方についてご紹介しました。今回は、技術的な観点から...

Halideでつくる、Domain Specific Architectureの世界

by iitaku | 2018年2月23日

こんにちは。Fixstars Solutionsの飯塚です。この度、2/17(土)に開催された、FPGAエクストリーム・コンピューティング第10回にて、「Halideでつくる、Domain Specific Architectureの世界というタイトルで発表して...

IBM Power8マシンでAlveo U50を動かす

by idakenta | 2019年10月30日

Xilinx社製のデータセンター向けFPGAボード Alveo U50 がIBM Power8マシン(以降Power8と表記)で動作するのか試してみました。 また、Power8固有ではないですが、Alveo U50を動かすにあたって...

2019.2 Vitis(TM) チュートリアルやってみた

by kodai.moritaka | 2019年11月11日

去る 2019/11/01 (JST)、待ちに待った Vitis™ がリリースされました。10 月頭の Xilinx Developer Forum 2019 でアナウンスされてから早一ヶ月 (PR)、心待ちにされていた方も多いのではないでしょうか。本記事では...

Zybo+VitisでSDSoC相当の高位合成やってみた

by yuki.matsuda | 2019年11月25日

先日、Vitis初のリリースとなるVitis 2019.2がリリースされました。VitisはXilinx FPGAのSW部分のための統合開発環境で、従来は3つのツールに分かれていたXilinx SDK, SDSoC, SDAccelをひとまとめにしたツールとなっています...

Copyright © Fixstars Corporation 2021