Speed up your Trading

世界トップクラスの高速化集団がトレーディングの進化を実現します

金融

ナノ秒単位の高速化が巨額の富を生み出す世界

様々な金融資産を対象にし目を疑うような金額が瞬時に動く金融市場は、テクノロジーの進化に合わせ、その姿を日々大きく変えています。

先物やオプション、仕組債などのデリバティブ取引では、株式やFICC(債券、為替、コモディティ)等、原資産の持つリスクを元に、他社に先んじて適正価格を計算できるよう、プレイヤー各社がしのぎを削っています。

また、HFT(High Frequency Trading:高頻度取引)と呼ばれるような、僅かな価格の歪みを利用してナノ秒単位の取引を高頻度に自動的に繰り返す手法もまた、ハードウェアの性能向上やアルゴリズムの進化に合わせ、今やトレーディングのかなりの部分を占めるようになっています。

加えて、ブロックチェーンや仮想通貨に代表される、Fintechと称される動きが急速に広まり、テクノロジーを利用した革新的・破壊的な新製品・ソリューションの開発が進んでいます。

...

このように、テクノロジーと共に進化を続ける金融分野では、最先端技術を取り入れナノ秒単位の高速化を実現できる者こそが、他社を圧倒する競争力と利益を得ることができます。

フィックスターズの金融ソリューション

— 高速化のプロフェッショナルとして、お客様の競争力向上に貢献します

リスク・デリバティブ評価システムの高度化

金融工学の進化に伴い、リスクやデリバティブ評価の計算は日々複雑さを増しています。
フィックスターズでは、金融工学に求められる数理分析や統計的手法、DBや分散処理に関する知識、アクセラレータの性能を引き出す技術を駆使し高速化を実現します。

HFTのさらなる進化

アービトラージを狙った取引手法の競争は、アルゴリズム開発に留まらず、システムレベルでの高速化はもちろん、今や半導体内部のデータパスレベルでの最適化が求められています。
ナノ秒単位の高速化を実現するために、アルゴリズムそのものの向上はもちろんのこと、ハードウェアの開発や、半導体アーキテクチャ毎の最適化を支援します。

日々増加する約定処理への対応

HFTの普及や、証券各社によるダークプール等の開設に伴い、激増する約定処理にいかに対応するかにより、金融各社のコストひいては利益水準は大きく左右されるようになりました。
フィックスターズでは、日々増加する約定処理に対応するべく、スケールアウトの容易な分散処理基盤や開発環境を提供しています。

サービスリスト

ソフトウェア最適化

お客様のご要望(要求仕様)に沿って、既存のソフトウェアをターゲットハードウェア上に移植し、最適化を行います。

プロセッサ評価

お客様の選定候補となっているプロセッサをソフトウェア開発(処理性能、開発のしやすさ等)の視点で調査いたします。

アルゴリズム開発

お客様のご用意したアルゴリズムをターゲットプロセッサ向けに最適化します。また、アルゴリズムの開発そのものもご支援いたします。

先行開発支援

先行開発段階でのソフトウェアの機能実装や性能評価、ターゲットプロセッサ上での性能見積等やソフトウェア開発を支援します。

ソフトウェア性能評価

お客様のソフトウェアが、ハードウェア性能を十分に活かしているかどうかを調査いたします。問題点の洗い出しや今後の改善案についてもご報告させて頂きます。

技術サポート

この他にも、リサーチから製品開発まで幅広いフェーズで、お客様を支援しています。

関連ソリューション

金融分野で役立つ様々なソリューションを提供しています。

M3 for Windows HPCクラスタ

...

金融機関で高い実績を持つグリッドコンピューティングソリューション

M3 for Windows HPCクラスタは、金融機関がWindows HPC Server 2008 R2 をクラスタシステムのOS/ミドルウェアとして利用するために必要な機能を提供するフレームワークです。

高い演算能力を必要とするデリバティブスプライシングツールや、リスク管理システムなどの金融アプリケーションにおいて、従来のサーバをスケールアウトさせ、計算時間を短縮することができるようになります。

M³ for Windows HPCクラスタは、メガバンクの金融グリッドシステムにて採用され、実稼働しています。

M3 for Batch Processing

...

業務システムのバッチ処理の高速処理とTCO削減を高い次元で実現

M3 for Batch Processing (エムキューブド® フォー・バッチ・プロセッシング。以下、M3 for BP) は、DAG (Directed Acyclic Graph; 有向非巡回グラフ) の形で表現されたタスクを高速処理するためのフレームワークで、業務システムのバッチ処理などを効率良く開発・運用するための「Asakusa Framework™ (*1)」の実行基盤として提供されます。

単一ノード上のマルチコア/マルチプロセッサ環境における実行性能を最大限に発揮するように最適化されており、業務バッチ処理の高速化と TCO 削減をより高い次元で実現しています。

ソフトウェア高速化

最適化技術や並列処理技術を活用して、アプリケーションの最適化を行い、大量の計算処理をより短時間で実現するプロフェッショナルサービスを提供しています。

詳しくはこちら

量子コンピューティング

並列処理技術や様々なアクセラレータの特性を活かした最適化技術と、圧倒的な性能を示す量子コンピュータを組み合わせ、新たな高速化ソリューションを提供します。

詳しくはこちら

Halide to FPGA

Time to Marketを1/10以下に短縮することが可能な「Halide」によるFPGA向けIPコアを提供しています。「Halide」のサンプルコードも多数公開しています。

詳しくはこちら

Fixstars  Corporation

Social Links