Speed up your Production Chain

高速化の専門家集団が製造業の進化を後押しします

産業機器

生存をかけ、製造業各社が熾烈な開発競争を展開

世界中の製造業を舞台に、ファクトリーオートメーション化が着々と進められています。PLC(Programmable Logic Controller)を利用した製造装置の制御や、画像認識技術の進展により広く使われるようになってきた自動検査等、省人化や生産コスト低減を主な目的として、生産現場は日々進化を遂げています。

加えて、センサやプロセッサといったハードウェア上の進歩に加え、それらを制御するソフトウェア技術の進歩により大量データの高速処理が可能となり、「スマートファクトリー」とも呼ばれる、あらゆるデータをリアルタイムで解析し、あらゆるバリューチェーンを最適化する動きが本格化してきました。

「スマートファクトリー」に向けた動きは世界中で見られ、ドイツにおける「Industry4.0」やアメリカの「Industrial Internet」等、次代の製造業のあるべき姿をめぐる争いにおいては、従来の製造業各社に加え、IT企業も入り混じった熾烈な開発競争が進んでいます。

...

この競争の先には、今までのような省人化やコスト低減のみならず、熟練技能の代替やリードタイムの大幅な短縮と変種変量生産への対応、アフターサービスの高度化とソリューション提供型モデルへの移行等、製造業のあり方を根本から変え得る、製造業のパラダイムシフトとも言える大変化が待ち受けています。

フィックスターズのスマートファクトリー向けソリューション

— マルチアーキテクチャのプロフェッショナルとして、製造業の競争力向上に貢献します

画像処理技術による製造現場の高度化

コスト低減や品質向上を求める圧力が日々増す一方で、センサやアルゴリズムの進化により画像処理技術もまた大きく進化しています。
高精細・高解像度のリアルタイム処理による外見検査の高度化や、工場で働く人々の行動パターンを学習し標準動作から外れる動きの検知の実現を支援します。

エッジコンピューティング環境の構築

製造機器の生み出すデータを活用し、生産効率を上げようという動きが本格化してきています。一方で、全てのデータを対象として分析するためには従前のシステムでは処理能力が足りなく、クラウドで処理しては通信量やレイテンシの問題が顕在化してしまいます。
フィックスターズでは、エッジ側(機器側)で大量データを高速処理する新たな仕組み作りを支援します。

スマートファクトリー化

効率化を求める動きはいまや製造現場に留まりません。製造現場から各種データを取得し効率化することはもちろんのこと、在庫、購買そして販売データとつなげ有機的に活用する動きが世界中で見られます。
フィックスターズでは、各種システムに精通し、統計的・数理分析的なスキルを持ち合わせたプロフェッショナルが高速化ソリューションを提供します。

サービスリスト

ソフトウェア最適化

お客様のご要望(要求仕様)に沿って、既存のソフトウェアをターゲットハードウェア上に移植し、最適化を行います。

アルゴリズム開発

お客様のご用意したアルゴリズムをターゲットプロセッサ向けに最適化します。また、アルゴリズムの開発そのものもご支援いたします。

統計的分析手法のご提案

お客様の想定する使用目的や分析に利用するデータの種類に基づき、最適な分析手法をご提案、または分析そのものをご提供いたします。

システム全体の構築、最適化

製造現場レベルの、または購買や販売データとの連携を加味したシステム全体の構築、最適化を支援します。

ソフトウェア性能評価

お客様のソフトウェアが、ハードウェア性能を十分に活かしているかどうかを調査いたします。問題点の洗い出しや今後の改善案についてもご報告させて頂きます。

技術サポート

この他にも、リサーチから製品開発まで幅広いフェーズで、お客様を支援しています。

関連ソリューション

スマートファクトリーの実現に向けた様々なソリューションを提供しています。

Olive@Factory

...

エッジコンピューティングでアナログデータ解析の課題を解決

Olive@Factory は、生産現場の予知保全を実現する Factory IoT 向けソリューションです。

機械学習を活用し、機器の機能低下や異常の兆候を把握し、故障を予測。余分なメンテナンスを省くことで、メンテナンスコストを削減し、機器の稼働率を向上させることができます。

OpenCL FPGA Cards

...

OpenCLでシステム性能と設計生産性を向上

Nallatech社製「OpenCL FPGA Cards」は、OpenCL(Open Compute Language)を用いてデザインすることが可能なアクセラレータボードです。

SDKを利用することで、C言語を扱うソフトウェア開発者でも容易にFPGAを用いたシステム開発ができます。また、FPGAをアクセラレータとして利用することで、他のハードウェアを用いるよりも低い消費電力でシステムの処理能力を向上することができます。

ソフトウェア高速化

最適化技術や並列処理技術を活用して、アプリケーションの最適化を行い、大量の計算処理をより短時間で実現するプロフェッショナルサービスを提供しています。

詳しくはこちら

量子コンピューティング

並列処理技術や様々なアクセラレータの特性を活かした最適化技術と、圧倒的な性能を示す量子コンピュータを組み合わせ、新たな高速化ソリューションを提供します。

詳しくはこちら

Halide to FPGA

Time to Marketを1/10以下に短縮することが可能な「Halide」によるFPGA向けIPコアを提供しています。「Halide」のサンプルコードも多数公開しています。

詳しくはこちら

Fixstars  Corporation

Social Links