email
translate menu

Speed up your FPGA Design

フィックスターズのOpenCL FPGA

OpenCL FPGA Cards

OpenCLでシステム性能と設計生産性を向上

OpenCL対応FPGAカードは、OpenCL(Open Compute Language)を用いてデザインすることが可能なアクセラレータカードです。

ザイリンクスのAlveoカードは、SDAccel™を利用し、インテルのFPGAカードでは、インテル® FPGA SDK for OpenCL™ を利用することで、C 言語を扱うソフトウェア開発者にも容易にFPGAを用いたシステム開発ができます。

また、FPGAをCPUのアクセラレータとして利用することで、他のハードウェアを用いるよりも低い消費電力でシステムの処理能力を向上すること ができるだけでなく、金融取引や高性能計算 (HPC)、機械学習、データベース検索、分析、ビデオ処理などの高い性能が要求されるワークロードを高速化することができます。

ラインナップを見る arrow_right_alt
...

OpenCLによるFPGAデザイン

FPGAカード

OpenCLに対応したXilinxおよびIntelのFPGAカードを取り扱っています

...

520N-MX | Stratix 10

  • checkIntel Stratix 10 MX2100
  • check最大512 GB/sの 16 GB HBM2
  • checkOpenCL BSP
...

520N | Stratix 10

  • checkIntel Stratix 10 GX 2800
  • check400Gbps向けQSFP28 x 4
  • checkOpenCL BSP
...

520C | Stratix 10

  • checkIntel Stratix 10 GX 2800
  • check最大32GバイトのDDR4
  • checkOpenCL BSP
...

A10SA4 | Arria 10

  • checkアルテラArria 10 GX 1150 FPGA
  • checkPCIe x8 Gen3
  • check40GbEまたは4x 10GbE用のオプションのQSFP
  • checkECCを備えた最大16 GBのDDR4 SDRAM(x72)
  • checkインテリジェントプラットフォーム管理用のボード管理コントローラー
  • check完全なソフトウェアサポートとFPGAサンプル
  • check積極的なボリューム価格
...

A10PL4 | Arria 10

  • checkアルテラArria 10 GX FPGA
  • checkGen1、Gen2、またはGen3をサポートするPCIe x8インターフェイス
  • check2x 40GbEまたは8x 10GbE用のデュアルQSFPケージ
  • checkメモリ:最大32ギガバイトのDDR4 SDRAMとECC(x72)
  • checkインテリジェントプラットフォーム管理用のボード管理コントローラー
  • check高精度のクロックとタイミングのオプション
  • checkユーティリティI/O:USB 2.0
...

510T | Dual Arria 10

  • checkデュアルIntel Arria 10 GX 1150
  • check最大32ギガバイトのDDR4
  • checkOpenCL BSP
...

385A | Arria 10

  • checkIntel Arria 10 GX 1150
  • check10/40Gbps用の2x QSFP+
  • checkOpenCL BSP
...

385A-SoC

  • checkIntel Arria 10 SoC SX 660
  • check10/40Gbps用の2x QSFP+
  • check組み込みBSP(ARM)
...

385A-SFP

  • checkIntel Arria 10 GX 1150
  • check10Gbps用の6x SFP+
  • check8ギガバイトDDR3

開発環境

インテル® FPGA SDK for OpenCL™

インテルのFPGAカード上でOpenCLを使って開発を行うには、「インテル FPGASDK for OpenCL」と、インテルまたはパートナーが提供する「Board Support Packages(BSP)」が必要になります。

Bittware社のFPGAカードは、OpenCLを用いたFPGA開発向けにCPUとPCIe経由で接続するハイパフォーマンスコンピュータ (HPC)向けBSP、10GbE を通じて接続するネットワーク向けMAC BSP、用途に合わせたカスタムBSPを提供しています。
また、インテル FPGA SDK for OpenCLは、OpenCLカーネルファンクションからカスタムFPGAハードウェアアクセラレータへの変換、インターフェイスIPの追加、中間ロジッ クのビルド、FPGAプログラミングファイルの生成を行います。 また、このSDKには、CPU上のホストプログラム内で呼び出されるOpenCL APIへリンクするライブラリが含まれます。

...

Alveo U50

ザイリンクスの UltraScale+™ アーキテクチャをベースに構築され、75 ワットと電力効率に優れたロープロファイル型のフォームファクターにパッケージングされた U50 は、100 GbE ネットワーク I/O、PCIe Gen4、HBM を統合し、あらゆるサーバー形態で運用可能です。

...

Alveo U200

Alveo U200 は、890k LUT、5.9k DSP スライス、64GB DDR4 メモリ、デュアル 100Gbps ネットワーク インターフェイスを備え、演算、ネットワーク、およびストレージを劇的に高速化します。

...

Alveo U250

Alveo U250 は、1.3M LUT、11.5k DSP スライス、64GB DDR4 メモリ、デュアル 100Gbps ネットワーク インターフェイスを備え、主要ワークロードでは CPU の 90 倍の性能をわずかなコストで実現します。

...

Alveo U280

演算やメモリ バウンド ワークロード向けに構築されてた Alveo U280 は、8GB HBM2 と 32GB DDR4 メモリ、1.1M LUT、8.5k DSP スライス、デュアル 100Gbps ネットワーク インターフェイス、PCIe Gen4、および CCIX 機能を備えています。

...

XUP-P3R

  • check4 QSFP28経由の4x 100GbE
  • check最大512ギガバイトの DDR4
  • check最大VU9P:ザイリンクスの250万 LCs FPGA

開発環境

SDAccel™

ザイリンクスのAlveoカード上でOpenCLを使って開発を行うには、「SDAccel™」が必要になります。

SDAccel開発環境は、ホストアプリケーションの性能をプロファイリングし、高速化の可能性を判断するための包括的なツールとレポートを提供しています。
これらのツールを使うことでキャッシュやメモリ、バス使用状況のランタイム計測が自動化されハードウェア上でのリアルタイム性能を追跡することができます。

また、標準的なソフトウェア開発環境の機能をすべて備えているため、設計者はハードウェアデザインよりも、アルゴリズムの定義や実行に注力することができるようになります。

arrow_upward

Fixstars Corporation

Social Links