社員インタビュー

A.I

筑波大学大学院 システム情報工学研究科
2020年度新卒入社

  • 大学時代は何を研究していましたか?
  • スーパーコンピューターのストレージの性能評価に関しての研究を行っていました。 計測用のソフトウェアや、気象・天体といった大規模演算を行うアプリケーションをスーパーコンピューター上で実行し高負荷をかけ、ストレージの性能評価をしていました。
  • 今、どんな仕事をしていますか?
  • GPUを用いたシミュレーターの高速化に取り組んでいます。 プロジェクトにアサインされるまではCUDAを全く書いたことがなかったのですが、業務を通して一通り書けるようになったと同時に、コードレビューなどを通して先輩エンジニアの高速化テクニックの凄さを改めて感じました。
  • フィックスターズに入社して身についたものは何ですか?
  • 業務を通じて高速化に関するスキルが身に付きました。加えて、社内大学も受講しているため深層学習と画像処理の知識習得もできました。 また、どのようなコードを書けばお客様に喜んでもらえるかといったビジネス的な考えも少しずつですが付いてきました。
    • やりがい・面白さはなんですか?
    • やりがいはコードを書く度にプログラムが高速化される点です。 単純明快であり、最強のモチベーションです。
    • あって助かっている会社の制度はなんですか?
    • 技術力が特に高いエグゼクティブ・リードエンジニアが講師となって講義を進める社内大学は新たなスキル習得の良い機会となっています。 また、英語学習補助も活用しており、おかげでTOEICの点数も伸びてきました。
    • ものづくりの原点を教えてください。
    • 中学生の頃にハッカーが主役のドラマ(ブラッディマンデイ)を見たことです。黒い画面に文字を打ち込み、事件を解決する姿は当時の私にとっての憧れの存在となり、エンジニアを志すきっかけとなりました。
    • 就職活動中のみなさんへメッセージをお願いします。
    • 企業説明会に参加するだけでなく、実際にインターンに参加して会社の雰囲気や自分の向き・不向きを知れるといいかもしれません。 ちなみに、私の場合は学部4年の春休みに弊社のインターンに参加し、先輩エンジニアの技術力の高さや研究室のような雰囲気に魅力を感じ、入社に至りました。 ぜひ自分の興味のある職種のインターンに参加してみてください。

arrow_back インタビュー一覧へ戻る

一日の流れ

  • 09:00

    出勤。メールとslackのチェック。その後は開発に取り掛かります。

  • 12:00

    ランチ。昼は自炊する時間がないので、冷凍食品や弁当など準備が簡単なものを食べています。食べ終わると残りの昼休憩時間は家の近くの河川敷を気分転換を兼ねて散歩します。

  • 14:00

    チーム内ミーティング(毎日)。チームメンバそれぞれのやっていることや困りごとを共有しています。

  • 17:00

    お客様とのミーティング(週一)。チームの一週間の進捗を報告したり、お客様と今後の開発スケジュールの確認をしたりします。

  • 18:00

    退勤。テレワークのため全く体を動かしてないので、仕事後はジムに行くのが日課です。

この職種の求人情報

この職種の仕事内容、必要なスキル、勤務地、募集要項はこちらをご覧下さい。

求人情報を見る chevron_right
chevron_right または会社説明会へ参加
arrow_upward

Fixstars  Corporation

Social Links