arrow-up icon

マルチコアソフトウェアエンジニア

Avatar
ソリューション第二事業部・リードエンジニア
2013年 入社
mesh decoration

大学時代は何を研究していましたか?

昔から、研究分野は土木工学で、中でも特に水理学と呼ばれる水の流れを研究する分野を専門としていました。 大学院では粒子法の一種であるMPS法を用いた計算力学的解析(CAE)を研究していました。
直近では、GPGPUや大規模並列計算機を使ってそれらの計算を高速化することで、河川氾濫や津波を受ける防波堤などの大規模問題への応用を研究していました。

なぜフィックスターズに入社しようと思いましたか?

フィックスターズを知ったのは高校生くらいの時で、Cell/B.E.を用いた高速化の会社があることをインターネットの記事で読みました。 大学、大学院とGPUを用いた高速化の研究を続けていく中で、スキルが活かせると思い入社を決めました。

今はどんな仕事をしていますか?

量子コンピュータのGPUシミュレータ高速化や性能評価等を行っています。以前は受託開発系の仕事が多かったのですが、最近は研究開発系が多いですね。

Avatar

フィックスターズに入社して身についたものは何ですか?

業務レベルのコーディング能力、案件を円滑に回すための進捗管理方法、仕様書や報告書作成スキル等沢山あります。業務を行う上で、多くの方の指導を受けながら身に付けることが出来ました。

フィックスターズの好きなところは何ですか?

社員のバックグラウンドが幅広く、様々な視点から問題解決に当たることが出来るところです。情報科学以外にも数学や物理学、医学や薬学といった多様な専門分野の社員が在籍しており、いつも刺激を受けています。 社内の技術共有も活発で、困ったときにはすぐサポートしてくれるところも魅力の一つです。

休日はどんなふうに過ごしていますか?

趣味と実益を兼ねて、量子コンピュータやGPGPUに関する論文を読んでいます。また、大学時代の仲間とスタジオを借りてギターを弾いたりしています。

仕事の必需品は何ですか?

ディスプレイを縦画面にして4枚使用しています。作業領域が広いとコーディングの効率が上がります。 キーボードはHappy Hacking KeyboardやRealforceを使用しています。静音モデルが好みです。

将来の目標・夢を教えてください。

高速化技術を活かして、ゲノム解析やヘルスケアの分野で社会的にインパクトのある製品を開発することです。 チャレンジングな分野かと思いますが、少しずつ準備を進めていきます。

就職活動中のみなさんへメッセージをお願いします。

フィックスターズの採用情報ページに「大学の研究室のような雰囲気の職場」と書かれているかと思いますが、普段の業務でも論文調査や有識者とのディスカッション等、大学での研究活動のスキルが活かされることが多いです。 普段の研究活動に熱心に取り組んでいれば、必ず就職活動や就職後の業務でも評価されると思いますので、頑張ってください。

その他のエンジニアインタビュー