email
translate menu

プレスリリース  2021.3.10

Smart Opinion、情報サイト「乳がんのファーストオピニオン」を開設

専門医による確かな意見を提供

日本初の AI(人工知能)を用いた乳房超音波検査リアルタイム解析システムを開発する株式会社Smart Opinion(本社:東京都品川区、代表取締役社長:山並 憲司)は、3月10日に情報サイト「乳がんのファーストオピニオン」(https://firstopi.jp/ open_in_new)を開設致しました。乳がんに悩む方々に、国内一線級の乳腺専門医による確かなオピニオンを提供します。

乳がんのファーストオピニオン(https://firstopi.jp open_in_new

乳がんは女性の9人に1人が発症しうる1身近な病気です。不安を覚える方の多くが乳がんの情報をインターネット上で探す一方、雑多なコンテンツの中から医学的に正しい情報かどうかを判断するのは難しいのが現状でした。
1 累積罹患リスク―乳房(女性)https://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/summary.html open_in_new

「乳がんのファーストオピニオン」では、乳がんの罹患者や相談者がよく悩まれる疑問に対して、国内一線級の乳腺専門医が意見を提示する情報サイトです。例えば、初めての乳がん検診を受ける前やかかりつけ医に相談する前など、不安な時に頼れる確かな“ファーストオピニオン”を提供します。

正しい医学情報に基づく確かな意見を提供することで、乳がんに悩む患者様が安心して医師と相談でき、検診や治療を受ける不安が軽くなると期待しております。

「乳がんのファーストオピニオン」の特長

当サイトでは、一つの疑問に対して複数の専門医の意見を掲載できるようにコンテンツを拡充してまいります。同じ専門医でも、例えば乳房温存と全摘出の考え方などが異なる場合があります。複数の意見を比較することで、どこまでが専門医の間での共通見解で、どこからが医師ごとの意見なのかを考えやすくするためです。意見を比較できることで、患者様がより安心できると考えています。

サイト公開時点では、下記の専門医によるオピニオンを掲載しております。

  • 北里大学病院 乳腺甲状腺外科 三階 貴史 主任教授
  • 聖路加国際病院 乳腺外科 林 直輝 医長
  • 慶應義塾大学病院 林田 哲 ブレストセンター長

慶應義塾大学病院の林田ブレストセンター長は、総合監修も兼任いただいております。今後も、国内一線級の経験豊かな医師が乳がんのファーストオピニオンに参加する予定です。

Smart Opinionについて

株式会社フィックスターズ(東証1部:3687)とプロディジーメディカル株式会社との合弁会社として、2019年10月に設立された株式会社Smart Opinionは、AIによる乳がん等解析をはじめ、遠隔診療の時代に対応した次世代オンライン診療プラットフォームの事業化を目指しています。IT・AIの力で、乳がんの早期発見の向上に貢献し、女性の健康増進を応援しております。https://www.smartopi.com/ open_in_new

フィックスターズについて

フィックスターズは、”Speed up your Business” をコーポレートメッセージとして掲げるソフトウェアカンパニーです。 マルチコアプロセッサを効率的に利用するためのソフトウェアの並列化および最適化と、省電力かつ高速IOを実現する新メモリ技術を活用したアプリケーションの高速化を通じて、医療、製造、金融、エンターテインメントなど、様々な分野のお客様のビジネスを加速し、グリーンITを実現しています。

関連情報

arrow_back ニュース一覧へ戻る
arrow_upward

Fixstars Corporation

Social Links