email
translate menu

プレスリリース  2015.05.07

フィックスターズ、2.5インチ9.5mm厚 SSDとして世界最大容量の6TB SSD「Fixstars SSD-6000M」を発売

圧倒的な大容量と高速シーケンシャルライトでアプリケーションを高速化

株式会社フィックスターズ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:三木 聡、以下フィックスターズ)は、2.5インチ9.5mm厚の製品として現時点で世界最大容量*1を誇る6TB*2のソリッド・ステート・ドライブ (SSD)「Fixstars SSD-6000M」を発売します。フィックスターズは、本日5月7日より製品の受注を開始し、7月下旬より順次出荷を行っていきます。

「Fixstars SSD-6000M」は、9.5mm厚の2.5インチフォームファクタ上に15nm MLCフラッシュメモリを超高密度に搭載した、国産のSSDです。最新の15nm MLCフラッシュメモリをいち早く採用することで、現時点で世界最大容量となる6TBという圧倒的な大容量を実現しました。

また、「Fixstars SSD-6000M」はSATA 6Gbpsに対応しており、リード最大540MB/s、ライト最大520MB/sのシーケンシャルアクセスが可能です。「Fixstars SSD-3000M」同様、独自開発のSSDコントローラを搭載し、性能のゆらぎが少ない安定したシーケンシャル性能を実現しています。映像機器、医療画像機器、ビッグデータ解析、通信インフラ、産業機器など大容量データに対する安定的なシーケンシャルアクセスを必要とするアプリケーションにおいて、特に高い効果を発揮します。

製品の発売にあたり、フィックスターズ 代表取締役社長、三木 聡は以下のようにコメントしています。

「昨年末に従来モデルであるSSD-3000Mの発売を開始して以来、大容量データの安定的な読み込み・書き込みを実現できる唯一の製品として、Fixstars SSDシリーズは高い評価を受けてきております。さらなる大容量化の要望を複数のお客様よりすでに頂いており、今回、SSD-6000Mをラインナップに加えることで、新たなソリューションをご提供できることを大変嬉しく思います。ハイエンドHDDに匹敵する容量、SSDクラスの性能を実現したことで、高密度化が求められるデータセンター市場においても、当社のSSDが注目されるでしょう。」

Fixstars SSDシリーズに関するさらに詳しい情報は、こちらをご覧ください。

*1 2015年5月7日時点。フィックスターズ調べ。
*2 1TB=1,000,000,000,000バイト。実際にユーザーが使用できる容量はこれより小さくなります。

arrow_back ニュース一覧へ戻る
arrow_upward

Fixstars Corporation

Social Links