VOICE

大学時代は何を研究していましたか?

私は大学での研究とは別に、趣味であるLinuxのディストリビューションでパッケージのメンテナとして活動してきました。フィックスターズでもディストロの開発をしている事を知り、この会社を志望しました。

入社して変わったと思うことは何ですか?
プログラミングに対する見方です。
今まではメンテナとしての性格もあって、バクを潰せるなら冗長になっても構わない、という態度でプログラムを書いていました。またあくまで趣味の世界でしたので、自分の好きなペースで活動していました。しかし入社して様々なプロジェクトやアーキテクチャーなどに触れるにつれ、もちろんバグが存在しない事はとても重要ですが、実行速度や仕事の効率など、様々な場面で「速さ」が求められる事を知りました。今ではこれらを両立させるにはどうすればよいかを念頭に置きながらプログラムを書いています。

フィックスターズの好きなところは何ですか?

入社時期が異なる方とも気兼ねなく議論したり、あるいは雑談したり出来るような、自由な雰囲気が好きです。また、もちろん趣味の時間とは違いますが、ある程度自分の計画を考慮しながら仕事を進めることが出来る点もよいと思います。

将来の目標・夢を教えてください。

OSの基幹となるようなプログラムを自分で書けるようになりたいです。(プログラム開発の関連で)世界中の人に名が知られるようになりたいですね。夢は家庭を持つことですかね。

就職活動中のみなさんへメッセージをお願いします。

私は実は情報科学、情報工学とは全く違う分野の出身ですが、それでも大学で得た(特に数学に関連する)知識は大いに役に立っています。また、趣味でやっているメンテナの活動で得た知識も大いに活用しています。全く別分野からやってきた人の方が、これまでにない斬新なアイディアを吹き込むことが出来る事もあるので、情報関連出身で無い人も、ぜひ柔軟に考えて、自分に出来ることを色々と考えてみてください。
interview01Img13

ソリューション第二事業部
シニアエンジニア
2011年度 新卒入社

東京大学大学院
理学系研究科 天文学専攻

 

休日の過ごし方:
入社動機でも書いた通り、Linuxのディストロでのメンテナとしての作業をしています。後は買い物をしたり、録画して溜まったテレビ番組をみたりですね。

仕事の必需品:
私がメンテナをしているLinuxのディストロの環境、それと紙と鉛筆です。やはり自分がメンテナとして携わっているものの環境が一番使いやすいです。又、色々アイディアを考えたりあれこれ計算したりするのは、やはりコンピュータの画面上では難しいです。

画像処理ソフトウェアエンジニア
募集要項
会社説明会情報エントリー