NEWS

2018/02/02

合弁会社「株式会社Fixstars Cloud Solutions」設立のお知らせ

 

株式会社フィックスターズ (代表取締役社長:三木 聡、本社:東京都品川区、以下、「フィックスターズ」といいます。) はこの度、株式会社Fusic (代表取締役社長:納富 貞嘉、本社:福岡県福岡市、以下、「Fusic」といいます。) とプロジェクトマネジメントシステム分野での関係強化のため、合弁会社を設立することで合意しましたのでお知らせいたします。

 

ソフトウェア開発の大規模化と機械学習技術の進展を背景とし、従前より、オンプレミス環境を中心にAIを活用したプロジェクトマネジメントシステムを提供してまいりました。一方、クラウドを活用した多拠点・大規模な開発スタイルを採用する顧客企業も多く、オンプレミス環境だけではなく、クラウド環境上のマネジメントシステムへのニーズの高まりが見受けられるようになりました。このような環境下、フィックスターズのAI技術とFusicのクラウド技術における知見を組み合わせ、プロジェクトマネジメントシステムをさらに進化させるべく、この度の契約締結となりました。

 

フィックスターズは、「Speed up your Business」をスローガンに掲げ、並列化や最適化、機械学習等を用いたアルゴリズム開発等、最先端のソフトウェア技術及び高性能なハードウェアを活用したトータルソリューションを提供しております。

Fusicは、「Fusion of Society, IT and Culture(文化と社会とITを融合する)」を掲げ、ソフトウェア開発や技術コンサルティングを提供しています。Amazon Web Servicesの活用を支援する「APNアドバンスドコンサルティングパートナー」にも認定され、クラウドアプリケーションの開発や運用における深い知見を保有しています。

 

ソフトウェアの果たす役割の拡大や開発の大規模化に伴い、ソフトウェアの品質や開発の効率化が企業の競争力を左右するようになりました。品質や納期を担保するためプロジェクト管理者は日々レビューと進捗管理に追われ、また、プロジェクトの規模に比例し検証業務等のコストが増加し、製品開発費用の大きな部分を占めるようになりました。一方、ハードウェアやアルゴリズムの進化に伴いAIの実用化が急速に進み、熟練の技術者による属人的なプロジェクト管理や検証業務を、AIが支援・代替する姿が現実味を帯びています。

 

新たに設立する合弁会社では、フィックスターズの高速処理技術及びAIに関する知見と、Fusicの持つクラウド技術を組み合わせ、AIによるソフトウェア開発の進化を実現するクラウドソリューションを提供してまいります。

 

詳細につきましては、こちらをご参照ください。