NEWS

2018/01/15

合弁会社「株式会社Fixstars Autonomous Technologies」設立のお知らせ

 

株式会社フィックスターズ (代表取締役社長:三木 聡、本社:東京都品川区、以下、「フィックスターズ」といいます。) はこの度、株式会社ネクスティ エレクトロニクス (代表取締役社長:青木 厚、本社:東京都港区、以下、「ネクスティ エレクトロニクス」といいます。) と自動運転分野での関係強化のため、合弁会社を設立することで合意しましたのでお知らせいたします。

 

自動運転の実現が現実味を帯びる中、従来から自動車産業に携わる企業・研究機関はもちろんのこと、欧米のIT企業等も参入し、実現に向けた研究開発競争は日々熾烈さを増しています。このような環境下、フィックスターズのソフトウェア技術とネクスティ エレクトロニクスの顧客基盤及びパートナー企業網を組み合わせ、自動運転の研究開発をさらに加速させるべく、この度の契約締結となりました。

 

フィックスターズは、「Speed up your Business」をスローガンに掲げ、並列処理やハードウェアの性能を最大限に引き出すソフトウェア最適化技術等、最先端のソフトウェア技術及び高性能なハードウェアを活用したトータルソリューションを提供しております。

 

ネクスティ エレクトロニクスは、株式会社トーメンエレクトロニクスと株式会社豊通エレクトロニクスが合併し、豊田通商グループにおけるエレクトロニクス事業の中核企業として昨年4月に発足しました。国内外に渡る顧客基盤及びパートナー企業網を有し、自動運転に代表されるカーエレクトロニクスを中心に、様々なソリューションを提供しています。

 

自動運転を実現するためには、高信頼性・低遅延・低消費電力といった制約の下、データセンタ側での学習やエッジ側での推論、多種多様なセンサを通して大量データを取得し、高度な認識機能を実現するセンサフュージョン等を高速に処理しなければなりません。そのためには、高度なアルゴリズム開発及びその実装はもちろんのこと、専用チップの活用も視野に入れたシステム全体の高速化が求められます。

 

フィックスターズの長年培ってきたソフトウェア技術力とネクスティ エレクトロニクスの持つプロジェクトマネジメント力とネットワークを組み合わせ、自動運転という大きな変革期を迎える自動車産業に対し、顧客企業の競争力向上に直結するソリューションを提供してまいります。

 

詳細につきましては、こちらをご参照ください。