OpenCLによるFPGAデザイン

高性能で電力効率に優れたFPGAは、通信業やネットワークのみならず、コンシューマ市場、自動車、産業用途など様々なシーンで使われています。一方で、CPUやDSPを含む多様なIPの搭載から、その設計はさらに複雑化しています。

OpenCL FPGA Cards は、C言語ベースのOpenCL Cを用いてデザインすることが可能な、アクセラレータボードです。C言語を扱うソフトウェア開発者にも容易にFPGAを用いたシステムを開発でき、また、FPGAをCPUのアクセラレータとして利用することで、他のハードウェアを用いるよりも低い消費電力でシステムの処理能力を向上することができます。

OpenCLとは?

OpenCL

OpenCLは、CPU、GPU、およびFPGAを含む異機種プラットフォーム間で実行するプログラムを書くためのオープン規格です。OpenCLは、効率的で互換性の高いソフトウェアを実現する技術として、世界の主要な半導体メーカやハードウェアベンダ、ソフトウェアベンダが規格化に参加しています。フィックスターズもOpenCLの規格団体クロノスグループのコントリビューションメンバーです。OpenCLに関するさらに詳しい情報は下記をご覧ください。


リソース

FPGAでOpenCLを利用するメリット

Time to Marketを短縮

  • 従来のFPGAデザイン・フローと比べて、市場投入までの期間を大幅に短縮
  • 従来の低水準ハードウェア記述言語 (HDL) ではなく、C言語ベースのOpenCL Cを使用してアルゴリズムを記述
  • デザインの抽象化レベルを高く保ったまま素早くデザインを構築
  • OpenCL Cコードのターゲットを現行および将来のFPGAに変更可能なため、デザインの陳腐化を防止
  • OpenCL CコードのFPGA実装をシングル・ステップで生成。手作業によるタイミング収束作業やFPGA-ホスト-外部メモリ間の通信インタフェースの実装が不要

高性能で電力効率に優れたソリューションを実現

  • 高い性能が要求される機能をFPGA内のホスト・プロセッサからオフロードすることで性能が向上
  • 他のハードウェア選択肢と比べて大幅に低い消費電力で高性能を実現
  • アルテラのSDK for OpenCLは、FPGAの微細なアーキテクチャを生かして、必要なロジックのみを生成することで、他のハードウェア選択肢の約 1/5 という低い消費電力を実現

フィックスターズとOpenCL

改訂新版 OpenCL入門 1.2対応 マルチコアCPU・GPUのための並列プログラミング

フィックスターズは、異機種プラットフォーム間で実行するプログラム=「ヘテロジニアス・コンピューティング」を得意とし、Cell Broadband Engine™ やGPU向けのソフトウェア開発を行ってきました。ヘテロジニアス・コンピューティングのために作られたOpenCLについても、フィックスターズは早くからコンパイラ製品やアプリケーション開発サービスを提供しているほか、ソフトウェア開発者向けのプログラミングセミナーや書籍の執筆なども行っています。


フィックスターズの書籍

お問い合わせ

OpenCL FPGA Cards のご購入・お見積りについては、こちらからご相談ください。