M³ for Windows HPCクラスタ

M³ for Windows HPCクラスタM³ for Windows HPCクラスタは、金融機関がWindows HPC Server 2008 R2 をクラスタシステムのOS/ミドルウェアとして利用するために必要な機能を提供するフレームワークです。
M³ for Windows HPCクラスタは、メガバンクの金融グリッドシステムにて採用され、実稼働しています。

 

特長

1. 高いスケーラビリティ

飛躍的に計算量が増加しつつある金融クラスタシステムにおいて、数千コアの計算リソースが必要になった場合でも、高い性能を実現

 

2. 低価格、高品質

Windows HPC Server 2008 R2の機能を活用することで低価格を実現するとともに、金融クラスタシステムに不足している機能をM³ for Windows HPCクラスタが十二分に充足することで高性能な金融クラスタシステムを実現

 

3. 高い耐障害性・可用性

大規模クラスタシステムの一部にハードウエア障害が発生したり、大量の計算アプリケーションの一部に不具合があっても、計算が継続できるよう高い耐障害性を実現

 

機能詳細

M³ for Windows HPCクラスタの主要機能

 

金融機関がクラスタシステムとしてWindows HPC Server 2008 R2を利用する際に必要となる様々な機能を提供しています。

 

  • ・エラー時の自動再実行機能
  • ・ロードバランス機能
  • ・SOA型APIにより開発が容易

 

Windows HPC Server 2008 R2の利用メリット

 

昨今、金融クラスタシステムのソリューションとして注目を集めているWindows HPC Server 2008 R2を金融グリッドで使うことは多くのメリットがあります。

  • ジョブスケジューラ、管理ツール、レポーティングツールが充実
  • HPC用途に限定したOSライセンス価格体系で安価
  • MS-MPIを利用した、高速ジョブ実行機能
  • 計算ジョブの優先実行などの各種機能

 

M³ for Windows HPCクラスタの構成

M³ for Windows HPCクラスタは、MS-MPIの複雑な制御を隠蔽してユーザが利用しやすく提供されているフレームワークとして構成されています。

M³ for Windows HPCクラスタの構成

M³ for Windows HPCクラスタでは、SOA型APIでアプリケーションが出来る機能を提供していますので、ユーザーはアプリケーションの開発に際して、従来の開発手法を踏襲することも可能です。

 

Windows HPC Server 2008 R2

Windows HPC Server 2008 R2は、サーバ用OSにHPCミドルウェアをバンドルした、マイクロソフトの製品です。HPC のパフォーマンスを最大限に向上させる Microsoft Message Passing Interface(MS-MPI)をはじめとして、クラスタシステムに必要な機能を提供しています。
詳しくは、日本マイクロソフト株式会社ホームページをご覧ください。

 

クラスタマネージャー実行画面

クラスタマネージャー実行画面1 クラスタマネージャー実行画面2

金融アプリケーションにおけるM³ for Windows HPCクラスタの利用シーン

IAサーバをスケールアウトさせて、計算時間を短縮させる目的

  • フロント取引業務:デリバティブスプライシングツール
  • リスク管理業務:リスク管理システム

 

M³ for Windows HPCクラスタベンチマーク

MS-MPIの高速通信をSOA型スケジューラと比較

 

  • MPIを利用してSOA型のスケジューラと同様な並列処理を実行してCPUコアごとの利用状況を調査
  • MPIでは、データ転送時間が短くなり計算が開始されるまでの時間が短縮されることで非常に効率良く並列処理が行なわれています(数千コア環境でも実証済)
  • 320コアのグリッド環境で約1,000個のタスクを実行
SOA型スケジューラ

SOA型スケジューラ

M³ for Windows HPCクラスタ

M³ for Windows HPCクラスタ

 

ベンチマーク環境

ネットワーク 1GBit Ether x 1
コモンデータサイズ 30,000,000 (bytes)
タスクデータサイズ 160,000 (bytes)
タスク実行時間 10,000 (ms)
タスク総数 1,000
利用コア数 320

M³ for Windows HPCクラスタ推奨動作環境

概要を示します。詳しい情報に関しては、こちらまでお問い合わせください。

 

実行環境

ソフトウェア要件

OS Windows HPC Server 2008 R2
#クライアントノードはWindows 7 64bitの利用も可能
パッケージ Microsoft Visual C++ 2010 再頒布可能パッケージ

 

アプリケーション開発環境

ソフトウェア要件

OS Windows 7 (64ビット)
Windows HPC Server 2008 R2
C/C++ 開発環境 Microsoft Visual Studio 2010 Professional Edition SP1

お問い合わせ

M³ for Windows HPCクラスタについての御見積やお問い合わせについては、こちらからご相談ください。