Speed up your Grid Computing

M3 for Windows HPCクラスタ

M3 for Windows HPCクラスタ

金融機関で高い実績を持つグリッドコンピューティングソリューション

M3 for Windows HPCクラスタは、金融機関がWindows HPC Server 2008 R2 をクラスタシステムのOS/ミドルウェアとして利用するために必要な機能を提供するフレームワークです。

高い演算能力を必要とするデリバティブスプライシングツールや、リスク管理システムなどの金融アプリケーションにおいて、従来のサーバをスケールアウトさせ、計算時間を短縮することができるようになります。

M3 for Windows HPCクラスタは、メガバンクの金融グリッドシステムにて採用され、実稼働しています。

飛躍的に計算量が増加しつつある金融クラスタシステムにおいて、数千コアの計算リソースが必要になった場合でも、高い性能を実現します。

Windows HPC Server 2008 R2の機能を活用することで低価格を実現するとともに、金融クラスタシステムに不足している機能をM³ for Windows HPCクラスタが十二分に充足することで高性能な金融クラスタシステムを実現します。

大規模クラスタシステムの一部にハードウエア障害が発生したり、大量の計算アプリケーションの一部に不具合があっても、計算が継続できるよう高い耐障害性を実現します。

M3 for Windows HPCクラスタの構成

M3 for Windows HPCクラスタは、MS-MPIの複雑な制御を隠蔽してユーザが利用しやすく提供されているフレームワークとして構成されており、金融機関がクラスタシステムとしてWindows HPC Server 2008 R2を利用する際に必要となる様々な機能を提供しています。

...

MS-MPIの高速通信をSOA型スケジューラと比較

ベンチマーク環境

ネットワーク 1GBit Ether x 1
コモンデータサイズ 30,000,000 (bytes)
タスクデータサイズ 160,000 (bytes)
タスク実行時間 10,000 (ms)
タスク総数 1,000
利用コア数 320

SOA型スケジューラ

...

M³ for Windows HPCクラスタ

...

動作環境

概要を示します。詳しくはお問い合わせください。

実行環境

ソフトウェア要件

OS Windows HPC Server 2008 R2
※クライアントノードはWindows7/64bitの利用も可能
パッケージ Microsoft Visual C++ 2010 再頒布可能パッケージ

アプリケーション開発環境

ソフトウェア要件

OS Windows7/64bit
Windows HPC Server 2008 R2
C/C++ 開発環境 Microsoft Visual Studio 2010 Professional Edition SP1

Fixstars  Corporation

Social Links